赤ちゃんがいる人のためのウォーターサーバー

赤ちゃんがいると、何かと大変です。そんな時は家事のひとつでも簡単に省略できると嬉しいですね。ならばウォーターサーバーを検討してみませんか。もちろん大人の独り住まいであっても同じことですが、赤ちゃんがいればこそ、ウォーターサーバーのメリットが生かせるでしょう。

■RO水を選びましょう

ウォーターサーバーのメリットは、第一に安全なお水を供給してくれることです。昨今は様々な地域における天然水が飲めるようになっています。水道水は消毒しているとはいえ、その消毒臭さが気になりますね。一晩おいたり沸騰させれば消えるのでしょうが、こうした手間が意外に大変です。ウォーターサーバーなら、ほしい時にお湯も冷水も使えます。もちろん赤ちゃんのミルク用に、冷水があれば温度調整がしやすいですね。また離乳食を含めた料理にも安全な水を利用できます。ちなみに赤ちゃんのミルク用を重視するなら、天然水よりもRO水と呼ばれるタイプを選びましょう。赤ちゃんのおなかにはちょっときつすぎるマグネシウムやカルシウムなどのミネラル分を取り除いてあります。

■ボトル代が安いものを選びましょう

ウォーターサーバーだとよけいなコストがかかると思っていませんか。赤ちゃんがいるとおむつ代も含めて、何かとお金がかかります。そこに水を買う、無駄に思えるかもしれません。しかし安全はお金では買えません。またミルクを冷ます時間などを考えれば、割安です。なお昨今のサービスを比較すると、ほとんどがサーバーレンタル代は無料です。とはいえこれは月額であり、固定費です。実際にコストとして影響するのは直接の水代、いわゆる変動費の部分です。すなわちボトルのリッター当たりが安くなる業者を選んだ方が、結果的に割安となります。ノルマがあったとしても、それが定期的に自宅まで運んでもらえます。宅配業者と提携している会社なら、時間の都合もつきますよ。時間もお金では買えません。その時間があれば、赤ちゃんとゆっくりすごせるでしょう。

■デザインが豊富なのを選びましょう

赤ちゃんがいると、スペースの問題もありますね。少しでも空間的な余裕を作りたいでしょう。とはいえ最近のウォーターサーバー 口コミで紹介されるウォーターサーバーはスリムです。またデザインもいろいろ用意されています。自宅にあった色やサイズが探せます。そういう意味では、拒む理由がありませんね。ベッドサイドに設置すれば、夜中でもすぐにミルクが作れますよ。インテリアとしても考えてみれば、デザインが豊富なタイプを選びましょう。なお装置の安全性を重視するなら、ボトルを下部に設置するタイプだと、地震で倒れる心配もないのでお勧めです。